KAMPO Japanese Traditional Medicine

むつみ薬局 GINZA MUTSUMI PHARMACY

東邦大学漢方講義の報告

昨日5月29日(火)習志野の東邦大学薬学部生薬学(小池教授)において漢方薬実習の講義をさせて頂きました。今年の講義もとても有意義にさせて頂きました。
1日お休みを頂きまして申し訳ございませんでした。
 私の講義のやり方は、ここ数年学生とともに学んでいくスタイルをとっています。講義前に小池教授と打ち合わせてなるべく臨床的にわかりやすくを心掛けてみました。学生の皆様とも気が通じたのか大変やり易いものになりました。
「考える・記憶する・感じる・想像する」をテーマに置き、漢方医学をロジックに、より実践的にお話をさせて頂きました。
まず、漢方を志す者は、漢方の医学書「傷寒論・金匱要略」を学んだ方が正しい漢方薬が身に着くこともお話しさせて頂きました。
漢方薬で歴史的にも有名な、東邦大学で講義をさせて頂くことを光栄と感じています。小池先生、李准教授をはじめ生薬学教室の皆様方には大変お世話になりました。次回の講義は、6月19日(火)です。どうぞよろしくお願いいたします。

薬草

当帰(とうき) セリ科の多年草の根。子供ができない婦人が、実家に帰り当帰を飲んで温まって、再び夫の所に帰ると子供ができたことから、「当に夫に帰る」という意味より付けられたと言う。味は、甘くて、後に辛い。当帰の効能は、血を温め回らす。

食事

大豆ごはん ご飯に大豆を入れて炊くだけで出来上がるシンプルな料理です。天然のお塩を少々入れるとおいしくなります。

ちょっと寄り道

お灸がブームになっています。銀座5丁目にあるせんねん灸のショールームは店の近くにあります。とても親切と評判です。お灸に初挑戦 ! してみては・・・。

漢方専門むつごろう薬局

  • マイベストプロ東京